前へ
次へ

長くかかる介護の現実

高齢者が病気になり介護が必要になると、長期的に介助することがほとんどですから、それに合わせてさまざま

more

介護をする側の健康管理もしっかりと

初めて家族の介護をするのであれば、知っておくべきなのは思いのほか体力勝負ということです。
体が

more

もしこれから介護の仕事をするなら

今から実際に特定の場所で介護の仕事をしたいと感じているのであれば、その求人情報をうまい具合にピックア

more

介護福祉士の仕事となり方

日本は超高齢化社会を迎えています。
全人口の25%が65歳以上の高齢者を占めているため、介護に対する需要が高まっています。
そのため、日本社会が介護福祉士を必要としているのです。
仕事内容については、身辺介助が主な仕事となります。
例えば、食事の補助をはじめ、身だしなみを整えたり、入浴の補助を行います。
体の不自由な高齢者に対しては、おむつを変えたり、排泄の補助をするのも重要な仕事です。
高齢者になると身体的な不調や心理的な不調を抱えている人が多いため、一人一人の健康管理も重要な仕事になってきます。
必要があれば病院へ行く時に付き添い、主治医に病状や日常生活について説明をすることが求められることもあるのです。
施設に入居する高齢者の健康状態に関しては、常に申し送りがなされているので、日誌などを参考にしながら主治医に説明を行います。
施設では福祉サービスを提供する側なので、時には入居者である高齢者の家族に対して説明を行う必要があります。
とにかく仕事は広範囲に及ぶため、柔軟性を持って対応することが求められます。
さて、介護福祉士になるための方法についてですが、国家資格を取得しなければなることができません。
これは制度改革によるもので、以前は先に実務経験を積めば国家資格への受験資格が与えられていましたが、今では専門学校に通ったり、通信教育を受けながら国家資格の取得を目指す必要があります。
早い時期から進路を決めている学生の場合、福祉系の高校への進学が最も近道です。
高校で必要な科目を理由したり、実習をすることによって国家試験の受験資格である要件を満たすことができ、国家試験に合格すれば、晴れて介護福祉士として働き始めることができます。
もちろん、福祉系の専門学校や大学、そして短期大学で学んでも要件を満たせば受験資格が与えられます。
より高度なスキルが求められる時代が到来したことで、国家試験に合格することが何よりも重要になりました。

より早くより安全に身体の痛みを和らげます

条件の良い札幌などの介護の求人が多数揃っています
現在よりも条件の良い職場に移りたいという方にもおすすめです。

Page Top